相模原を中心に終活・生活支援サポート・寄付や支援などの活動を通し、社会づくりに貢献する団体として活動しております。

HOMEお問合わせサイトマップ更新履歴一覧
  ★終活で豊かなセカンドライフを~人生後半の過ごし方~をテーマに講演いたします。  ★2020/09/19 清新斎場会報誌「あんしんだより03」より、終活のすゝめ第三回 事前相談でみる「いい葬儀社」コラムの掲載をご紹介いたします。   ★2020/09/07 皆様こんにちは一般社団法人安藤企画 代表理事の安藤です。この度、YouTubeを開設いたしましたことをご報告させていただきます。チャンネル名は終活ドキュメントTVといいます終活ドキュメントTVってどんなチャンネル?終活に役立つ話を分かりやすく短く配信していきます。実際にあった終活を視聴者目線でお伝えします。そして終活の基礎知識として学べる動画も配信していきます。まだまだ編集も未熟で葛藤いたしておりますが私の経験・知見を多くの人に還元したいと思い動画配信を始めました。今回は清新斎場様とのコラボ動画をご紹介いたします。ブログからのご紹介となります。   ★2020/08/01 終活セミナー開催【家族に迷惑を掛けないために、何を準備すればよいのか?ご葬儀後にやらなければいけない手続きは?】8月20日(木)受付・・9:30~開始・・10:00終了・・12:00会場 清新斎場   ★2020/06/02 終活個別相談の受付再開について休止していた個別相談の受付を、6月8日(月)から再開します。新型コロナウィルスをめぐる状況はまだしばらく落ち着きそうにありませんので、みなさま、どうぞご安全にお過ごしください。尚、新型コロナウイルスによる感染症への対策として、消毒液の増設、接客時のマスクの着用をさせて頂いております。ご来社時には感染予防対策実施、マスクの着用をお願いいたします。■お電話でのお問合わせ 042-707-9515営業時間 平日(月~金曜日):午前9時~午後5時■メールフォームからのお問合わせお気軽にご相談下さい。   ★2020/05/02 生活を支えるための支援のご案内(厚生労働省ホームページ)
HOME 私たちの目的 終活コンサル サービス一覧 支援活動 お問合わせ





もしも_タイトル
エンディングノート
身の回りの整理
住まいの終活
成年後見制度
相続トラブル対策
終活に関わる専門家
お墓_タイトル
お墓について
お墓を建てる
お墓建立までの流れ
さまざまな供養の形
お墓の悩み

お墓の悩み
お墓の引越し・お墓じまい
≪お墓の引越しを考える理由≫
 ・故郷へお墓参りに行くのが様々な負担から、自宅近くにお墓を移したいと考えるようになってきた。
 ・お墓を引き継ぐ子供がいない
 ・子供に負担をかけたくない
 ・宗派や宗教を変えた
などの理由から、今持っているお墓を跡継ぎのいらないお墓に移す事を考える人が増えてきました。
お墓じまいはこれからお伝えするとおりの順番で進めていくと、スムーズに終えることが可能ですので、各ステップをしっかり押さえてください。
 ⑴親族間との話し合い
 ⑵改葬申請
 ⑶納骨先決定
 ⑷業者決定
 ⑸改葬許可書申請
 ⑹併願供養と遺骨を取出す
 ⑺墓石の解体撤去処分・整地
 ⑻遺骨のメンテナンス
 ⑼納骨式と再納骨
≪お墓じまいのメリットデメリット≫
 お墓じまいを考えていても親族間で話がまとまらない場合は、お墓じまいにどんなメリットデメリットがあるのか知ることで、決断ができるようになります。
メリット
 ・お墓を無縁仏・無縁墓にしないで済む
 ・お墓よりも、管理や供養しやすい方法に葬送できる
デメリット
 ・お金がかかる
 ・檀家を抜ける際にトラブルになりやすい

お墓の改装の仕方(2分でわかる仏事の知識)
 改葬とは、お墓の引っ越し(遺骨の引っ越し)のことを言います。都会で暮らしていて田舎にあるお墓のお参りができないとか、お墓の維持管理をする人がいなくなった理由で、お墓を移転する人が増えています。地方から都会へといったケースだけでなく、都会から地方へ、地方から地方へと、さまざまなケースがあるようです。お墓はお参りをするからこそ価値があるもの。お参りにより便利な場所にお墓を移したいと考えるのは自然な感情ともいえるでしょう。少子化などの現象もあいまって、今後はさらに改装をする人が増えるものと予想されます。
改装の手続き
①「受入証明書」の発行
 まずは新しいお墓の場所を決めることが先決です。新しい墓地が決まったら管理者から「受入証明書」を発行してもらいます。
②「改葬許可申請書」の入手
 次に、現在ある墓地の所在地の市区町村役場で「改葬許可申請書」をもらいます。この「改葬許可申請書」は各市区町村によって様式が異なりますが、これと「埋蔵(埋葬)証明書」がひとつの書類になっている例も多いようです。
③「埋蔵(埋葬)証明書」の発行
 このように書類がひとつになっている場合は、現在の墓地の管理者に依頼し、「埋蔵(埋葬)証明書」に捺印をしてもらいます。「埋蔵(埋葬)証明書」がない場合には、埋葬されている死亡者の氏名、墓地の使用者名を記入し、管理者に署名捺印してもらいます(特に書式はありません)。
④「改葬許可の申請」
 こうして書類が揃ったところで、「改葬許可申請書」に必要事項を記入し、「受入証明書」と「埋蔵(埋葬)証明書」を添えて現在の墓地の所在地の市区町村に改葬を申請します。問題がなければ受理され、「改葬許可書」が発行されます。なお、改葬許可申請書は遺骨1体につき1枚が必要になります。(現在は1枚で数名記入できます。)
⑤「遺骨の取り出しと墓所の整理」
 この「改葬許可書」を現在の墓地管理者に提示し、遺骨を取り出します。その際、墓石に宿った仏様の魂を抜き取る供養をしてもらいます。そして、石材店にお墓の撤去と整理を依頼し、更地に戻すことが必要です。
⑥「納骨」
 移転先の墓地管理者に「改葬許可書」を提出して遺骨を埋葬します。その際、一般的には開眼法要(宗派によって言い方は異なります)を行います。


     


一般社団法人 安藤企画
〒252-0231 相模原市中央区相模原2-13-2 服部相模原ビル701号室
TEL 042-707-9515 FAX 042-707-0775
Copyright © 2016-2020 一般社団法人安藤企画 All Rights Reserved. Powered by POOSNET